☆information☆ (09/09/07UP)

    ■11月22日 auf Reize@大塚Welcome back

    お問い合わせはページ右下のメールフォームかブログ拍手にてご連絡下さいませ。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってみました。

*オーケストラ楽器成分分析*

KEYKOの89%は欲望で演奏されています。
KEYKOの6%はヴィオラで演奏されています。
KEYKOの5%はオーボエで演奏されています。



…欲望が濃過ぎます(笑)。

ちなみに名前を小文字にするとこうなります。

keykoの97%は祝福で演奏されています。
keykoの2%はシンバルで演奏されています。
keykoの1%はフルートで演奏されています。



…ほぼ祝福しかないじゃん。
てことは、小文字表記で行った方がいいかしら?(笑)
そしてシンバルとフルートってのも正確的に近いかもしれない…。
スポンサーサイト

本番中

まさかこんな角度で撮られてるとは思わなんだ…。

続きを読む »

Happy Buffet終了!

いやはや、バタバタしているうちに終わりました。
「Happy Buffet」。
ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました。
今回気がついたらメインキャストの真ん中にいて、何だかやることもいっぱいあったりして普段は使わない神経をフル稼働させて頑張っておりました。

最後、キャスト全員での演奏をしたときのあの「楽しい」と思った気持ちが、何より今回一番の収穫だと思っています。ベタな言い方だけど、ミュージシャンはやっぱり音を一緒に出してみてなんぼなんですね。そしてライブは楽しんでなんぼ。当初すごく不安だった「ミュージシャン同士のつながり」が最後にちゃんと出て(作れて)嬉しかったです。何せブッキングしてきた人がそのつながりに関してフォローしてくれなかったからねぇ~(オイオイ・でも本音)。

キャストの一番上に名前を載せて頂いている、ということに関しては私なりに自負というか責任というか、ある程度のプレッシャーは当然のものとして自分に負わせていた部分があります。他のキャストさんやスタッフさんには言わずにいましたが、本番始まってしまえばこの公演の「座長」は自分なんだ、という感じで。と言っても何かする訳でもなく、ただ意識として持っていただけなんですけどね。以前某方の舞台を観に行ったときにパンフレットにそのようなことが書かれていて、ああなるほどな~、こういうことなのかもしれない、と軽く疑似体験(笑)。


演奏そのものに関しては、中日に来た両親から的確でとても痛いところを突いてきたダメ出しを頂き、更に自分でも反省点をひしひしと感じているので、それを今後また潰していかないとなぁ、と思っています。
でもね、ひとつだけ言ってもよいのであれば。

40分近くも「絵本」の中に閉じ込められてて音出しもしてない中で、あれだけ最初のソロを吹いてたのは、頑張ってたよワタクシ!自分で自分を褒めて…あげるにはちょっとまだ足りないけど…。



まあそんな感じで、とりあえず終わって一段落。
早速休日を取っては体たらくな日を過ごしています。
もうでも次の準備もしないとね!少しお休みしてたコルネットに息を入れていかないと!

続きを読む »

Happy Buffet 1日目

初日を迎えました。
今日は1回公演…と言っても昼間にゲネをやってるので実質2回公演(笑)。
まあ、明日明後日は本当に一日2回公演なのですけど。
(体力がぁ~!もう歳だヨ!)


まさかこんなにちゃんと公演として形になるとは思ってませんでした(オイコラ)。でもとりあえず成立してた…よかった~。
そして、今日来てくれた友人たちには概ね好評だったのでちょっと安心しました。ちなみに高校の同期達は私が予想してたポイントで笑ったそうです。うん、やっぱりね…ってコラー!(どこで笑ったかは公演後にでも…)


明日は試しにリポ充填ナシでやってみようかな。
(今日は直前に入れました)
キャストさん達ともいい具合に仲良くなってきたので、このまま楽しみながら最後まで走ろうと思います。……目の前にぶら下げるニンジンは何にしようかしら(笑)。

いよいよ開幕。

「Happy Buffet」の幕がいよいよ上がります。
日々のワタクシからは想像し難い「お嬢様」を演じながら吹いています。
うまく写真が撮れたら、ネタとしてアップします。


さーて、頑張ってきますか!

そろそろ大詰め…?

来週の今頃は打ち上げです(笑)。

そんなこんなで、Happy Buffetの準備・リハもそろそろ仕上げの段階に…辿り着いてるのかなぁ?とにかく今回はいつもと勝手が違うので、たぶん本番を一度やってみないことにはよく分かんない様な気がしなくもないです。

今日もリハだったのですが、その時にちょこっとだけお衣装の打ち合わせもしました。その中から、これは本番では使わないとのことだったのでここに載せてみます。
ティアラ

もーう、何でもありです。

無題

慣れない夜の道を歩く。
初めての街。
灯りは間隔の広い街灯と、窓から漏れるわずかな光。

人々はもうそれぞれの家の中で、暖かい食卓を囲んでいる頃だろう。
小さくても、並ぶお皿が多くなくても、家族が顔をあわせるひととき。
あたたかい、ゆるやかな時間。

他に歩く人が誰もいない道を、進む。
自分の足音だけが、あちこちにぶつかっては跳ね返る。
一人しかいないのに、誰かがいるような。
けれど振り返り、やはり自分は一人でいることを突きつけられる。
大きな不安と、小さな期待。
そんなものは初めからなかったかのように。
また前を向く。歩き始める。


背中の方から風が抜けた。
あちこちから木々の葉がさざめく音がする。
思わず足を止め、身をすくめた。
怖い―そう、怖いと思った。
こんな音を、聞いたことがなかったから。
夜は闇が支配する時間だなんて、考えたことがなかったから。
今にもあの音に、あの闇に覆いつくされてしまうんじゃないかと、
自分は丸ごとあの中に飲み込まれてしまうんじゃないかと、
それはとても怖いことだと思った。
音は鳴り止まない。

いつまでも続く葉の音に、だんだん耳を澄ませてみた。
怖さはなくなりはしない。
けれど、初めて聞いた音に、興味が生まれた。
今度はどんな音がするのだろう。
風はどの木々を、草花を、揺らしていくのだろう。
闇が拡がり、わずかな灯りが浮かび上がらせるゆらめきを
足を止めて見上げた。

たぶん、本当はすぐそばにあったのだろう。
夜を知らず、光の中だけで食卓を囲んでいた時にも。
惜しみなく注がれる愛情の中で過ごしていた時にも。
本当はいつも「そこ」に―「ここ」に、あったのだろう。


歩くことを知って、痛みと共に幸せを覚えた。
この手に触れるものは、決して目に見えるものばかりではないことを知った。


約束された手を振り払ってしまったけれど。


歩き続けよう。
風の名残を追いながら。
光も闇も、この手で触れられるその先まで。

日々お稽古@Happy Buffet

いよいよ公演まであと2週間を切りました。
今日は珍しく音だけのお稽古をスタジオでやりました。
ここに至るまではいつも朗読の方とセットで練習していて、場所も大体お芝居の人がお稽古するような部屋でやっていたので、リハスタジオで音だけ抜いてというのはある意味難しかったです。
今回のはねぇ、動きますから、私も。
お話があって、動きがあって、そこに音を乗せて。
そうしているうちに、演奏までの気持ちの持っていき方なんかが芝居寄りになってきているみたいです。
まあ、お芝居をきちんとやったことないワタクシの動きですから、そんなに立派なものではないのですが…。

だもんで、音だけ抜いてスタジオで、となると普段のお稽古時の”感情移入"をその場でパッとやらねばならず、それは難しいことだなぁ~、と体感した次第です。お芝居の人たちってすごいですよやっぱり。


そして、周囲から若干破綻しかけていると言われている「乙女強化月間」。
そ、そんなことないもん!まだまだ乙女だもん!(笑)
少なくとも見た目は以前より全然乙女ですよ。オサレ雑誌風(?)に言うならば「ガーリー(girly?)」ですよ。髪の毛も3年ぶりくらいに茶色にしたし(周辺には概ね好評です)。
ただちょっと、気が緩むと口から発砲される言葉がオヤジなだけですよ。ええ、ちょろっと普段の「毒」が出てきちゃってるだけですよ、ちょっとだけ。

でも「口は災いの元」。
そろそろ慎もうと思います(笑)。

あー、公演前におばあちゃんのお墓参り行ければよかったなぁ。

auf Reize 夏の予定

危うく予定がダブルブッキングして出られなくなるところでしたが(笑/でも何とか回避。ある意味妹に感謝)、7月1日にauf Reizeのライブに出る予定です。青山のライブハウスですって。大人だなぁ~。


そんなこんなで、今日もアドバイザーのお仕事に行ってきます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。