☆information☆ (09/09/07UP)

    ■11月22日 auf Reize@大塚Welcome back

    お問い合わせはページ右下のメールフォームかブログ拍手にてご連絡下さいませ。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も浴衣で

20080728232501

演奏してきました。
地元の同期有志が中心?になってやっている、小さな吹奏楽団。「オロティ」。
小さな夏祭りで演奏するんですけど、女子は浴衣指定。
今年は浴衣を買い換えたこともあり、自分で着付けを練習して、この日も自分で着ましたよー。

写真は、今もラッパのお勉強を続けている高校の後輩嬢と。
若干、浴衣の色が被ってますな(笑)。
…そして私に至っては、夏襦袢の半衿も蝶々の帯留めも、全く見えてませんな…。挙句の果てにベルのインナーゴールドすらも見えないという…。

ま、いっか。


演奏は例年だと30分くらいなのに、今年は他の団体が出ないとか何とかで、1時間程頂いてしまいました!いやしかし、夜(19時~)とはいえこの暑さに、浴衣を着て演奏するとなると、結構しんどいですよ。終わったら浴衣は汗びっしょりですもん。


本番は土曜日だったので、打ち上げに出て、そのまま妹宅(元実家)へ。
日曜日は甥っ子と遊んでから帰宅しました。
感情がそのまま表情に出るってすごいですね。カワイイし。
忘れないうちにちゃんと私の顔を覚えておいてもらわないと!(笑)
スポンサーサイト

真似っ子

先日、実家(実質妹夫婦宅)にお泊りした時のこと。
甥っ子(10ヶ月)に、ケリー(赤)のマウスピースを渡してみました。
最初は「何だこれ??」という感じで握ったり触ったり眺めたり。
不思議なものを渡された、という顔をして興味を持っていました。

そこで、私も別のケリー(紫)を出して、「こうやるんだよー」と吹いてみせたところ、しばらく甥っ子は私を見ていたのですが、その後自分の手にあるマウスピースを口の辺りに持ってきて、


う゛~~~~~~、う゛~~~~~~


と、喉を鳴らし始めたんです!

これには私も妹もびっくり!

大人がやっていることの見た目を真似するのはよくあることですが、聞こえた音を声で真似して出すとは。
しかも私が吹いて、甥っ子が声出して、また私が吹いて、また甥っ子が声出して、そのうち1人でもう゛~う゛~言い出していて、妹が言うには「これ、結構気に入ってると思うよ。何度もやってるし」だそうで。
マウスピースの音が甥っ子の耳にはどういう音に聴こえてるのかが分かって、面白かったです。私達は「プー」とか「ブー」くらいにしか認識してないけど、赤ちゃんが聞くと「う゛~~~」になるんですね(笑)。


オウ、そんな反応すると知ったら、おもちゃとして練習用マウスピース(プラスチックのアレ)買ってあげちゃうよ?(伯母バカ)
カワイイなぁ~。

ちなみに先日行った時は、おたま(じゃくし)の描かれているタオル地の涎掛けを買っていってあげました。谷中をお散歩してたら偶然オリジナルカエル雑貨のお店に出くわしまして。そこに売っていたものをプレゼント。自分用にもカエル柄の温泉タオルとか買っちゃいました。

この土日も所用(地元近くの夏祭りでのお手伝い本番)で泊まるので、また甥っ子と遊んできまーす☆

暑いのですね。

東京はまだ梅雨も明けてないのですけど、ガッツリ暑いです。
冬の寒いのよりはまだ耐えられるのですけど(何より寒いの嫌い)、もう少し順序立てて暑くなってくれればいいのに…と思わずにいられません。

あーあ、浴衣を着た時の暑さ対策も考えなくては。
浴衣やお着物の雑誌を立ち読みしたり、ウェブを徘徊したりして、只今情報収集中です。
だって暑くても浴衣着てお出かけしたもの!


あとは、お部屋がもじゃもじゃな(=半端なくとっ散らかっている)状態なので、端っこからいろいろ捨ててみてます。目標、あと3ヶ月で片付ける!………できるかなぁ(笑)。

そうそう、最近あまり写真をアップしていませんが。
相変わらずピクルス君達は楽器ケース1つに一匹ずつくっついています。
最近よく持ち歩いているTrpのシングルソフトケースには、昨冬限定だった赤いハートのピクルス君がくっついております。ケースがグレー系なので、赤色はカワイイアクセントになってます。

あと、ネイルもぼちぼち楽しんでますヨ。
特に左手は、日常生活に支障が出ない限界ギリギリの長さまで伸ばして、よく「それ自爪?」と訊かれてます。
元々手や爪がデカいので、余計にそう見えるのかな?
チップも夏に似合うものを作りたいと思っているので、また出来たら写真をアップします♪
差し当たり、aufのライブはどうしようかな~??

着付け教室

今年ね、浴衣を新調したんです。
友達と「新しい浴衣が欲しいね~」なんて言いながらフラリとお着物屋さんに入って、そのままご購入という(笑)。

お店のお姉さんに上から下までトータルコーディネートしてもらったんですけど、これがまたセンスが素敵で☆
私のツボにくる色や柄をピッタリ選んでくれたんですよ。何だかすごい目利き、そしてフィーリング。
(ハイ、単に乗せられてるとか言わないように・笑)
ああもちろん、ちょっとお値段は頑張りましたけどね…。


そいでもって、自分で買ったのなら自分で着付けできるようになろう!と思い、そしたらお店のお姉さんが無料で教えてくれるとのことだったので、2回ほど通って教えて頂きました。
…実は母が着物を自分で着られる人なので、出国前に一度教えてもらって、お店のお姉さんにも2回教えてもらって、都合3回のレッスンで何とか習得致しましたヨ。

人に着せて頂いている時は結構難しいものなのかな、と思ってましたが、やってみると案外できるものなんですね。あとは慣れの問題で。所要時間も大分短く着られるようになってきたし。


今年の夏は、浴衣着て遊びに行くぞ!
トータル金額高かったんだもん、元を取るくらいに着るぞ!(笑)


どんなものを買ったのかは、近い内に写真撮ってアップします。
毎年恒例でいくと、月末のオロティの時かな。
その前にも友達とお出かけする予定があるので、もしかしたらその時にでも。

チョコダン。

七夕の夜、「Chocolate Dandy's(通称チョコダン)」@江古田buddyに行って来ました。
今回初めてライブに行ったのですけど、自分の勝手な予想ではインスト曲がメインかと思っていたら、結構歌も歌ってらして、予想以上に楽しいライブでした。

一人一人がきちんとした実力があって(そりゃもう、皆様各方面でご活躍されてますし)、
ステージを「見せる(魅せる?)」ことにも長けていて(生のステージは演奏を「聴かせる」だけに非ず)、
割と皆さん喋りもできて(管楽器はやっぱり喋るキャラなのか…?)、
ついでにネタまできっちり披露できるだなんて(ここは割愛・笑)。


素敵でした。

いっぱい笑って、いっぱい拍手して、ホント楽しかったです。
行けてよかったー。



あとは、音響的には厳しいかも?と思いつつも、ブラスセクションの真ん前を陣取り、ガン見(笑)。
音ももちろんなんですが、パフォーマンスとか、演奏以外でのブラスの役割みたいなものもちゃんと見ておきたいな、と思いまして。

ファンクのサポートを始めて2年半くらいになるんですが、中々ね、ポジション取りとか動きとかがうまくできないっていうか、納得いくことがないというか。
ボーカルさんがいるから、それ以上前に出ないように抑えつつ、
フロントメンバーとしてはお客さんとステージのうまい架け橋にならないとなー、と。
ステージ見ながら考えてました。

殊に8月9日(土)のステージは外ですしね!
ライブハウスやライブバーでやる時以上に、パフォーマンスもしっかりしないと。
まごまごはしてられません(笑)。

あー、衣装悩むなぁ。




終演後、ステージに残されていたラッパとフリューゲルをしゃがみこんでまでガン見(コラ)。
だって気になったんですもん、どのメーカー使ってるんだろうって。
そしてすぐそこに楽器が置かれていたんですもん。
(でも小心者なので、一回は見に行くのを躊躇いました・笑)

フリューゲルがコルトワだってことは割とすぐ気付いたんですけど。
(何故なら自分もコルトワのフリューゲル使っているから)
よくよくみたら、すっごい彫刻が!

うわーすごいなぁ…と思って見ていたら、ラッパプレイヤーのナベさんがお片づけをしにいらっしゃり、しゃがみこんでガン見していた私と友人にびっくりしておりました。
(スミマセン…)

でもそれを機に、少しお話を伺うことができました♪
正直なところPOPS方面のラッパのこととかホントまだまだ知らないことばかりなので(と言ってもクラシック寄りのことに滅法詳しいかというと、そうでもない…)、いいお勉強になりました。刺激もいっぱいもらったし。



さー、自分のライブも頑張らねば!
いろんなヒントは頂いたので、今度はそれを活かして楽しいステージにしたいと思います。




以下、自分の為のメモ書き。







続きを読む »

カラオケ☆

土曜日はauf Reizeのリハへ。
8月9日(土)の品川駅前でのライブに向けて、今回はイメトレしながら曲を詰めていく作業を。
私はライブ前、今回が最後のリハだったので、忘れないようにいろいろ詰め込んできました。
(ホントはもう1回リハ日があるんですが、地元のOBバンドのお祭本番のお手伝いと被って出られないのです…)

いやー、真夏の野外で約30分のステージ。
自分、最後まで完走できるんでしょうか(笑)。
思いっきり肌出しでいくか、反対に浴衣でも着て全身覆うか、迷うところです。

本番は13時か13時半か、そのぐらいからの予定。
土曜日なのでお休みの方も多いですよね?ね??
お時間ある方は是非、一緒に汗を掻きましょう!





で、リハ後にスタジオ近くのもつ鍋屋さんに行き、そこでの話の流れで、何とカラオケに!
たまたまボーカル&ベーシストさんご夫婦とワタクシの家が近い(ローカルな電車で駅1つ隣)ため、自宅近くの某カラオケ屋さんへ移動して、22時半からざっと3時間!
歌いましたよー。


何がスゴイって。

ベーシストさん、カラオケ機材にベースのケーブル突っ込んで、カラオケと一緒に音を出してました。
「1コーラスくらい聴けば大体進行はわかる」と言って、実質ツインベース。
そして途中までは参戦していたテナーサックスさんも、この日持ってきていたフルートを出して、アドリブでオブリガート入れてました。
軽くセッション状態。

いやでも、そのリアルタイムな生の感じが楽しかったですよー。
だって他のお友達と行ったらそんなこと起きないですもん(そりゃそうだ)。
電気楽器ってスゴイ。フルートもスゴイ。
さすがに夜中にサブちゃん曲のラッパソロを生で吹く勇気はありませんでした(笑)。



で。
ワタクシはワタクシでいつも通り歌ったわけですが。


驚かれました。


「野太い!低い!!いつもの声と違う!!!」←いつもバンドでは上ハモだから

「目を閉じて聴いてたら男が歌ってるって言われても信じるよ!」←ええぇぇ!?

「オカマ声だね!」←そ、そんなに男の声域に近い…?

ま、男声の歌もモノによってはほとんどキーそのままで歌いますからねぇ。
それでいて、女声の歌でハイトーンも行きますしねぇ。
(レンジを拡げておくため、意識的に1回のカラオケタイムで上も下も歌うようにしています)


確かに学生の頃、声楽の先生に「あなたはメゾの音域がとても綺麗(なのに、あんまり練習してこない)」と言われたことはありますが、ここまで面白い褒め方をして頂いたのは初めてです。
いつかバンドでもこの野太いオカマ声を活かせる日が来るといいなぁ(笑)。

お墓参り

6月30日は、父方の祖母の命日です。


今年は諸々の事情でこの日をオフにしていて、当初予定していたものがなくなり、前日の夜ちょうど高校の同期達がメインで動いている小さなOBバンドの練習に顔を出すことにしていたので、そのまま実家に一泊してお墓参りをしてきました。

普段なかなかタイミングが合わず、お彼岸の時期もお墓参りできてないので、訪れるのは(たぶん去年の)七回忌以来かもしれません。


あんまりお墓参りシーズンではないからか、墓地のそこここに蜘蛛の巣が…。
今日一日で一体いくつ壊しただろう…。申し訳ない…。


簡単にお掃除をして、お水をあげて、和菓子をお供えして。
バラの香りがするお線香を上げて。
祖母にご挨拶。



祖母は私が本番の日に亡くなったんですね。
リハとかの関係で、一緒に住んでいたにも関わらず最期に会ったのは亡くなる2週間も前で。
「検査入院なのに何をこんな仰々しく!」くらいに元気な発言をしていたのが、私の中では生きている時の最後の記憶です。
ただ、亡くなった後も何回か夢には現れていて、いつぞやの本番の日の明け方、「ホールへの行き方を教えて欲しいんだけど」と言われた夢は、結構はっきり覚えています。


そんなこんなで、妹と甥っ子と3人で祖母にご挨拶してきました。
次はいつ行けるかな…。
何せ両親が出国してしまうので、お彼岸などの折にお掃除をしたりお供え物をしたり…は、今までよりちゃんと気に掛けないと(ここいら辺、第一子気質・笑)。
行く度に蜘蛛の巣とか蚊とかと格闘になるのは大変ですが、少しはおうちのこともちゃんとしなきゃ、とも思った一日でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。