☆information☆ (09/09/07UP)

    ■11月22日 auf Reize@大塚Welcome back

    お問い合わせはページ右下のメールフォームかブログ拍手にてご連絡下さいませ。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古巣

先日、東京ブラスソサエティの第33回定期を聴きに行きました。
昨年12月まで、10年ほどお世話になったブリティッシュブラスの楽団です。
1回だけ「のだめ」撮影の関係で乗れなかったのですが、それ以外はずーっと乗り続けてました。

自分が、演奏活動を少しお休みしようと思ったきっかけのひとつ、
「自分が乗っている楽団の演奏を、離れたところから聴いてみたい」
を、叶えて(?)きました。


プログラムがプログラムだった(ALLスウェアリンジェン!)のもあるとは思うんですが…。
何となく、あくまで主観的に言うと、どの曲も同じ「色」になってしまったなぁ、と思いました。
曲に与えられたシチュエーション、情景、ストーリーなんかがよく分からなかったというか、とりあえず曲を吹くことだけで精一杯で、1曲ごとに色を変えるとか表している情景を変えるとか、そこまでは至らず…な印象を受けました。
難しいと思いますけどね。作曲者も13曲全部一緒ならば、アレンジャーも一緒だったし。
自分の中で一番「あぁ…これじゃ『栄光』も『夕日』も一緒じゃね?せめてタイトルについていることくらいは表現してもいいんじゃないかなぁ」と思ったところがあるんですが、それは敢えてナイショで。



終演後は海子に「行くよ、ネ?」と言われて(笑)打ち上げへ。
相変わらずシラフで楽しんできました。


以前乗れなかった時は、演奏聴いてて本気で羨ましくなって、何で自分は今回乗らなかったんだろう、と思ったりもしましたが、今回は割と落ち着いて聴けました。
自分の心境も、環境も、変わってるからかな。


とりあえず、冬のクリスマスコンサートも楽しみにしています。




…書いてたら眠くなってきちゃった。
もう寝ます。おやすみなさい。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。