☆information☆ (09/09/07UP)

    ■11月22日 auf Reize@大塚Welcome back

    お問い合わせはページ右下のメールフォームかブログ拍手にてご連絡下さいませ。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD下調べ。

20日、友人達と合流するまでに1時間くらい時間ができてしまったので、渋谷のCD屋Hに行きました。最近あまりゆっくり覗くタイミングがなかったので、せっかくだから…と、上のクラシックのフロアから順に見ながら降りてました。


クラシックのフロアは、HだとブラスのCDがすっごい少ないんです。数年前はそうでもなかった気がするんですが、今は同じ外資だとCD屋Tのが品揃えはよいですね。ただ、ポイントカードの都合でHに行ってます…今はsilverカード。半年経たずに半分以上貯まったので、せっかくなら目指せgoldカード!です。


そう、クラシックのフロアで探してたのは、サー・ウィリアム・ウォルトンの「戴冠式行進曲『王冠』」と、ワーグナーの歌劇「タンホイザー」序曲。
前者は「クラウン・インペリアル」というタイトルの方が、ブラスやってる方だと知ってるかも。高校生の頃に私もブラスで演奏し、昨年のイギリス旅行中に観光先で少しだけ耳にしたので、久し振りに全曲通して聴きたいな、と。
後者のCDは実家にはあるかもしれないんですが(妹所有)、自分でも欲しいなと思ったのですが、歌劇の曲が全曲入ってるCDだと結構お高くなってしまうので、「ハイライト」且つ序曲がフル収録されてるのを探してました。
結果、二つとも若干安いCDが出ていたので、今度WポイントDAYの時に買おうと思って、下見終了。


次はサウンドトラックのコーナー。
アンドリュー・ロイド・ウェッバー(「キャッツ」とか「オペラ座の怪人」を世に送り出した人)の曲のベスト盤みたいなのがあれば…と思ってみてました。「レクイエム」という作品の中の、「Pie Jesu」を昨年末に金管バンドで演奏したので、それの原曲を聴きたいな、と。ついでに他の有名なのも歌付きで聴きたかったのですが、なんと1000円しないCDを発見!これは!と思ったのですが、やっぱりWポイントの日まで我慢。ついでに「WE WILL ROCK YOU」のワールドツアーキャストか何かの録音盤サントラも今、保留にして悩んでます。「ボヘミアン・ラプソディ」が聴きたいんです。


その次はワールドミュージックのコーナー。
韓国のパダやユージン(共に元S.E.S.)のアルバムを眺めた後、ふと気付くと

SISSELのニューアルバムが出てる!!

輸入版のみでしたが、視聴コーナーまであるくらいにばばん!と前出しされていてびっくりしました。せっかくなのでうっかり視聴(笑)。一通り聞いたところで時間が迫ってきたので、これだけは即お買い上げしてしまいました。今回のはクラシックとかトラディショナルな曲をアレンジして歌ってました。相変わらず綺麗な、それで芯がある声で大好きです。

そんな感じで、欲しいCDをいくつか下見してきました。
でも全部買えるのはいつになるんだろう…。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。